Home > About




| スワロフスキー | チェコビーズ | パール | シードビーズ |
| ベネチアンビーズ | ヴィンテージビーズ | 天然石 |

スワロフスキー

言わずと知れた、ガラスビーズの最高峰です。
宝石のようなキラキラした輝きと、計算されたカットによる美しさ!
よく見るそろばん型(ダイヤのような形)以外にも、様々な形があり、シャンデリア用のモチーフは本当に綺麗です。
ビーズ以外にも、スワロフスキー社製のガラスの置物もあります。

普通の色のもののほかにも色々な加工のものがあります。

ABカラー・・・オーロラのような加工をしてあるもの。虹のように輝いてとっても綺麗です♪
サテンカラー・・・淡い色にサテンをかけたものは、くすんだような、シックな色合いに見えます。濃い色はくすみが良く見えませんが、サテン加工をした部分が光って綺麗です。

この二つが代表的ですが、他にもバミューダブルーやヘリオトロープなど
光の角度によって青や緑、赤などに輝くものなど、不思議な加工のものもあります。



チェコビーズ

有名なファイアーポリッシュをはじめ、たくさんの種類のビーズがあります。
ファイアーポリッシュは、一度カットされた状態のものをもう一度高熱の中で溶かすので
表面が少し解けてまあるく優しい雰囲気があります。
「FP」と書いてあるものはファイアーポリッシュのことです♪

そのほかにも、高熱の状態のガラスを急速に冷やして
細かいヒビを内面に閉じ込めたクラックルビーズや、
しずく型、葉っぱ型、お花型のビーズなど、たくさんの形のものがあります。
ちなみに上の画像の右端の薔薇のしずく型のビーズは、
チェコの職人さんのハンドメイドビーズ。とっても素敵なビーズです♪



Pearl

本真珠や淡水パールの他に、プラスチックやガラスにパールコーティングしたビーズや
貝を磨いてパールコーティングしたものもあります。

プラスチックパールは軽いので、ネックレスなどに沢山の量を使っても肩がこりません(笑)
Yumlumineでは、特に表記がない場合「フェイクパール」=プラスチックパールになります。

ガラスパールは重さがありますが、プラスチックには出せない微妙な色、質感が魅力です。
スワロフスキー社製のパールはガラスパールの最高峰と言われていて、
重さも本真珠と同じで、形も新円に近く、美しいです。

淡水パールは淡水性の貝からとれるパールです。
さすが本物!絶妙な美しい照りと質感です。丸型のものや、お米のような形のもの、
表面がでこぼこしたバロックなど色んな形のものがあります。
天然の色はずっと見ていても飽きない魅力がありますが、染めもとても綺麗です。
ハートや十字架、金平糖のような粒がついたような形のものもあります。
天然のものなのに、色んな形のものが出来るなんて、とっても神秘的ですね。



シードビーズ

小さな基本ビーズです。
こどもの頃、カラフルなシードビーズで動物などを作った方もいらっしゃいますよね。
約1.5mmの極小(特小)、2.1mmの丸小、3.1mmの丸大など大きさも色々あります。

極小サイズはとても繊細な感じで、
指輪の腕部分に使うとグレードがアップするような気がします♪

チェコやフランス製などのシードビーズは、色合いが魅力的です。
でも、日本製のシードビーズが一番粒が揃っていて、優秀なんだとか・・。

メタリックビーズはメッキ加工なので、どうしても色落ちしてしまうのが悩みどころ・・
メッキ加工のものは、その旨明記してありますのであらかじめご了承くださいね。

「シルバーライン」というのはクリスタルのガラスの中、
糸を通すあたりのところにシルバーのメッキ加工がされているものです。

「ゴールドライン」は、トパーズ色のガラスの中にシルバーラインが
入っているもので、見た目は金色です。
わかりやすく表記するために、Yumilumineでは「ゴールドライン」と書いております。

プレシャスビーズは、24金メッキやロジウムメッキを使っており、
メッキがはげにくい加工もされていますので色落ちしにくいです。
(※それでもメッキの加工ですので長くお使いいただくうちに少しずつはげていきます。)
粒がそろっていて、色も金!銀!って感じで高級感たっぷり☆
ただ、その分お値段も・・。

ブロンズ・ガンメタのシードビーズはあまり色落ちしません。



ベネチアンビーズ

歴史と伝統のあるベネチア(ベニス)のビーズです。
中に金箔・銀箔を閉じ込めたものや、
カラフルで可愛らしい絵柄の描かれたものなど色・形様々です。
ベネチアの職人さんの手作りのものも多く、匠の技を感じます。
本当に美しいビーズばかりで、何時間眺めてても飽きません・・・。



ヴィンテージビーズ

ヴィンテージビーズは約30〜90年前に作られたビーズです。
現代ビーズにはない色合い・形が魅力です。
コレクションしだすとキリがないのですが、ついつい集めてしまいます。
ものによっては目が飛び出そうなお値段のものもありますが、
数が少なく、デッドストック〜なんて言われるとウッカリ飛びついちゃったりしてます(笑)
ヴィンテージビーズとの出会いはまさに一期一会!
素敵なビーズがあっても、また次に出会えるとは限りません。

ビーズによっては、保存状態により小さな割れや劣化が認められる事があります。



天然石

ざれや丸玉など、色んな形があります。その効力も様々!
天然石との出会いも一期一会ですね。
同じ「ローズクオーツ」でも、殆ど透明に近いもの、逆にはっきりとピンク色のもの、
くすんだ色のもの等、同じクオリティのものでも様々です。
ここではYumilumineのアクセサリーで
よく使っている天然石のパワーをご紹介させていただきますね。→Go!



Home > About